HOME>生命保険料控除

生命保険料控除

お見積り内容の修正その他ご相談も承ります。お気軽にお申し付けくださいませ!



 生命保険料控除には「一般の生命保険料控除」と「個人年金保険料控除」があります。

それぞれ、保険料負担者の所得から負担した保険料の一定額が差し引かれ、所得税と住民税の負担が軽減されます。


 一般の生命保険料控除を受ける場合の条件

注意点

 個人年金保険料控除を受ける場合の条件

注意点

 年間保険料と控除の額

個人年金保険料控除・一般の生命保険料控除、ともに以下の区分でそれぞれ控除されます。

所得税
年間払込み保険料
控除される額
25,000円以下の場合
払込み保険料の全額
25,000円超~50,000円以下の場合
(年間払込み保険料×1/2)+12,500円
50,000円超~100,000円以下の場合
(年間払込み保険料×1/4)+25,000円
100,000円超の場合
一律で50,000円

住民税
年間払込み保険料
控除される額
15,000円以下の場合
払込み保険料の全額
15,000円超~40,000円以下の場合
(年間払込み保険料×1/2)+7,500円
40,000円超~70,000円以下の場合
(年間払込み保険料×1/4)+17,500円
70,000円超の場合
一律で35,000円

※年間払込み保険料とは・・・その年1月1日~12月31日までに払い込んだ保険料のことです。

 保険料控除の手続き

サラリーマンの方:
生命保険会社の発行する「生命保険料控除証明書」を「給与所得者の保険料控除等申告書」に添付し、勤務先に提出して、年末調整で控除を受けます。(給与天引きにより保険料を払い込んでいる場合は、提出は不要です)
自営業者の方:
翌年2月から始まる所得税の確定申告において「生命保険料控除証明書」を確定申告に添付して控除を受けます。
※住民税の手続きは、所得税での手続きがあれば特に行う必要はありません。


ページトップへ戻る